私の好きな弱虫ペダル

最近の弱虫ペダル、本誌はMTB編に突入し、私はまだ気持ちがついていけていませんが。
それでもやはり大好きな作品ですので、毎週楽しみに読んでいます✨
そんな弱虫ペダル、とうとう児童文庫になったり、自転車レースや震災復興支援事業とコラボしたり。
今や自転車競技レースを扱った漫画の代名詞となっている感覚がして、ファンとしては嬉しい限りです😌

さて、震災復興支援事業とコラボ……と書きましたが、それは『ツール・ド・東北』のことでして。
昨年もコラボしており、グッズを買えば寄付にもなるとの事で、張り切ってポストカードを買ったものです。
今年もコラボをしてくれており、その名も『#東北ペダル』として、紹介サイトも出来ております(色文字の部分にリンク貼っておきました)。
昨年も美しくかつ萌えるグラフィックが発表されましたが、今年も既に9つのグラフィックが公開されております。
公開された9つのグラフィックは順々に発表されていったのですが、5つ目、女川町のイラストでは手嶋のつま先が話題になっていました❗(そう思っているのは私だけ⁉)
でも確かになかなか拝めない生つま先ですので、まだ見てない方は是非見てみてくださいと言いたくなります。笑
ちなみに私はバリッと腐ってますから。
9つのグラフィック中、一番萌えるのはその5つ目女川町のものなのですが、9つ目の悠人と葦木場が走っているものもかなりニヤニヤしてしまいます。
なんせそのグラフィック、銅橋も一緒に走っているのですけれども、銅橋ごめんねで、私の脳内では微笑みを交わす二人の世界という認識にすり替わっていますから。
実はアニメを見てから葦木場×悠人もかなり好きなのですよね😁

ちなみに私の大本命、東堂巻ちゃんはと言いますと、このカップルに至っては『#東北ペダル』のイラストももちろん素敵ですが、『WAKAYAMA800』とのコラボのイラストが萌えます!
『WAKAYAMA800』とのコラボも最高でして(こちらもリンク貼っておきました)✨
『弱虫ペダル×WAKAYAMA800』のグラフィックは腐女子のハート鷲掴みの素敵なものとなっています💕
巻ちゃん、東堂、小野田、真波が那智の滝の前を走っているものと、手嶋、青八木が十九島の見える道を走っているもの。
なんと言っても組合せが、最高なわけです😍
眺めていると和歌山に行きたくて行きたくて。自転車に乗りたくて乗りたくて、たまらなくなってくる✨
ですが、ロード持ってないし、和歌山に行けない😭
結局、仕方がないのでグラフィックを眺め、どんな会話をするだろうかなんて想像して楽しむわけですが。
そうしているうちにつくづく思うのが、私はやっぱり東堂巻ちゃん、T2が好きだー!って事です。

実は少し前に、以前注文していた弱虫ペダルのnanacoカードとスウェットマルシェバックが届きました✨キャラクターグッズは基本他人に見えないところで使う私なのですが。
このカードやバックなら使えるかな?使っちゃえ!と思い、購入した次第です。
たぶん、グッズを使う事に抵抗があるのは、やましい気持ちがあるからなんです💦
私は原作を通り越して二次創作の世界であんな事こんな事させてる人ですから……
私の目にはnanacoカードのクライマーズは夫婦とその子供達に見えているので、ニヤニヤしてしまうのです。
ですが、普通の方には弱虫ペダルの人気キャラ描いてみましたって映るわけですよね!
だからむしろ堂々としているべきだよねと自分に言い聞かせています。
弱虫ペダル、児童文庫になったくらいですからね!
大丈夫、普通に胸熱な少年漫画なわけです✊
本当に、弱虫ペダル、素晴らしい漫画ですよね✨