お問い合わせフォームが出来ました!上部メニューの最後↑↑この部分の一番右です↑↑
NO IMAGE

劇場版おっさんずラブ 夫が見た反応&『in the sky』への懸念 (少しですが映画のネタバレ要素も含みますのでご注意ください)

前々回の記事に主人と『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』を観に行く事になった話を書かせて頂きました。
そして実際に観てきたわけですが……
結論から申します!
私はものすごく楽しめましたが、主人はには非常に厳しい時間だったようです😅

まず映画館に入る前、私は改めて「ほんと観客は女性ばっかりだと思うよー」と断りました。
すると、「えっ、うそ、俺嫌だよ」なんて主人。
私はちゃんと事前に、観に来ているのはほとんど女性だと思うと伝えたはずなのですけどれども💦
さも始めてその事実を知らされたかのような主人に苦笑いでした。
そんな主人がシアターに着くなり始めたのは、同士探し(同じ男性客探し)。
「男って俺一人じゃない?」と居心地の悪そうな主人に、「入口付近に一人いた気がするけど」と伝えれば、「そっか」と少しほっとしている様子でした。

映画が始まると若干居心地の悪さを覚えたのはむしろ私の方。
おっさんずラブの世界に入り込みたいけれど、隣の主人の反応も気になって仕方ない。
それでもなるべく隣の事は忘れて物語に浸りました。

そして映画が終わった後。
私は、『あぁ素敵な映画だった。名前呼び合うとこ可愛いな。キスシーン最高~!』なんて溢れ出す気持ちを口から出すのはぐっと堪え、主人には「面白かった~」とだけ言いました。
すると、主人から出てきたのは「あー」という、いかにも残念そうな声。
それ以外の言葉は主人から出てきません。
そして立ち上がってシアターを出る際、私に小声で言った台詞は「とにかく早くここから出たい」でした。

映画館から出た主人は言っていました。
「まぁ、ある話なんだろうね」
「衝撃的だった」
「吉田鋼太郎が……」(←文章にならない呟き)

その後も何度も「衝撃的だった」を繰り返していました。
どうやら主人はおっさんずラブがどうゆうものなのか、本当に知らなかったようです。
昨年の流行語大賞にノミネートされた程でしたし、私も主人との会話でちょいちょい話題に出していたのに。
肝心な部分。男性同士の恋愛だということを知らなかったとのこと。
「まさかあんな話だとは思わなかった…」と唖然とするばかり。
私が「えっ、本当にどんなものか全く分かってなかったの!?」と驚くと、半ばか逆ギレしながら、「知らないよ!」と返してくる始末。
まあ、本当に知らなかったのだとすると、そりゃあ主人が何度も言うように“衝撃的だった”事でしょう。
でも、全く知らなかったと主張する主人ですが、私は昨年、おっさんずラブが流行語大賞にノミネートされた際、主人に話しています。
おっさんずラブは男性同士の恋だけど、コミカルに描いてて面白いし、それでいて感動もする。流行語大賞にノミネートされて嬉しい!同性愛についての偏見を無くしていく良い流れになる作品だと。
散々語っていたのに!聞いてなかった(覚えていない)主人が悪いのですよ!
うちの主人は興味のない話は右から左でして。
私の「言ったのに!聞いてなかったの!?」に対して「ごめんなさい」というやりとりはしょっちゅうです😔
私のおっさんずラブについてのコメントも、大方、右から左で聞いていなかったのでしょう。
私にしてみれば自業自得ですし。
そんな反応されるくらいだったら、一人で観に行った方がよっぽど良かったのですがね……
やれやれです😓

私と致しましては、劇場版おっさんずラブ、映画ならではのスケールの大きさありつつ、ドラマ同様のコミカルさありつつ、最後はしっかり結ばれてる感じで最高でした✨
遠距離恋愛はちょっと切ないですけれども、二人ならば大丈夫だと思える✊
めちゃくちゃ笑えましたし、感動もあり、観て良かった素敵な映画だと思っています。

さて。映画もすごく良かったので、これで11月から放送の『おっさんずラブ -in the sky-』が尚更楽しみになりました~と書きたいところなのですが。
既存のおっさんずラブの好き度が上がると『in the sky』への不安度は逆に上がってしまいました💦

私、個人的には牧くんが一番好きなのです💓
黒川部長も相当大好きですが(彼のキャラなしに成り立たないドラマですよね)、見た目等々、牧くん推し。
なので、今までのドラマや映画のラストは非常に幸せな気持ちになりました✨
特にドラマのキスシーン、あれは良かったなぁと思い出せる程です。
しかし、11月から放送の『おっさんずラブ-in the sky-』には牧がいないじゃないですか😱
おっさんずラブの新シリーズをやってくれるのは非常に嬉しいです。
田中圭と吉田鋼太郎のコンビも大好きです。
このコンビがあってこそこおっさんずラブだと思ってます。
が、なんで主人公を春田創一という名前にしたのでしょう。
吉田鋼太郎が演じる機長も、黒澤武蔵という名前では気持ちが切り替えられません❗
えっ?春田創一って天空不動産のあの春田?って、思っちゃうじゃないですか。
でも、そうゆうわけじゃないのですよね??
もしパラレル設定ならば、例え演じる人が変わっても、牧という名の人物も出して欲しかったです。
もしくは、役者は同じでも登場人物の名前は全員変えて、完全に別の話にして欲しかったです。
今の『おっさんずラブ-in the sky-』の紹介サイトを見ている限りでは、前作『おっさんずラブ』と対比して、今回の『in the sky』はどうゆう位置付けにすれば良いのか分からないのです💦
『新シリーズのキャストで阿鼻叫喚』なんて記事を読みましたが。
その中に、『はるたんが牧くん以外を好きになるストーリーは見たくない』という意見がありました👀
私もこれに同感です。
新シリーズ、ものすごい楽しみでもあるのですが。
始まるまでに気持ちを切り替えないとです💦

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!