設定はいじっていないはずなのに、広告表示が増えてしまいました(>_<) 申し訳ありません、なるべく早めに修正致します!
NO IMAGE

弱虫ペダルRIDE.571『最後のギア』☆腐女子フィルター越しまとめ&感想 (ネタバレ注意です!)

木曜日、週刊少年チャンピオンの発売日ですね✨
今日は天気も良いので気持ちも上がります♪
私の大好きな弱虫ペダルは推しの子が出てきてくれなくて寂しい限りではありますが……
MTB編だって応援しております✊
というわけで、さっそく今週の弱虫ペダルの内容や感想、入らせて頂きます❗
本誌未読の方はネタバレにご注意ください🖐

 

『◎「伝説のレース」。それは王者 雉弓射誕生の瞬間。そして今回は…!?』
という言葉から始まる今週の弱虫ペダル。

鈴音の口から語られた『伝説のレース』に小野田の胸はドクンと音をたてます。
小野田(それが雉くんの…『伝説のレース』……!!)
反射的にコースへと視線を移す小野田。
目の前に広がるコースを眺めながら想いを馳せます。
小野田(圧倒的なデビュー戦…!! 初めてのレースで全員を抜いて__「優勝」……!!)

鈴音「それと同時に、10連勝をはばまれた」(お兄ちゃん!!)

そんな会話をしている小野田と鈴音ですが、ちょうどその時、近くでレースを見ていた二人組の男性の会話が耳に入ってきます。
「いや__このまま決まりか、今日は吉丸だな。かなり離してる」
「さっきゴール地点で雉はジャンプしてたらしいぞ」
「パフォーマンスかな」
「追いつくのをあきらめて、観客沸かす方にシフトしたんじゃないか」
「ハハハ」
「1分近く離されてるからな」
「のこり2周だしな」

しかしその会話を聞いた小野田と鈴音は、すぐに雉の真意を見抜きます。
小野田(__!! たぶん違う…!! 雉くんは__たぶん__追いつく自信がなければジャンプはしない!!)「鈴音さん」
鈴音「大ジャンプ?やってくれるじゃない。まだ余裕あるって?雉…!! こっちだってね、いつまでも、いつまでも負けてるわけじゃないんだよ!!」
鈴音は思わず大きな声をあげるのでした。

 

そして、5度目のピットエリア。
吉丸雷音が入ってきました。

吉丸「オイッッ!」
小野田「チェイサーさん」
鈴音「お兄ちゃん!! 残り1周半だよ!! 丁寧に走って!!」
雷音「おう!!」

ボトルの受け渡しをしながら、雷音と鈴音は言葉を交わします。

鈴音「追ってきてるよ!! 雉!!」
雷音「やっぱりか、オイッ!!」
鈴音「最後の“ギア”にたぶん入れた!!」
小野田(……!! 「最後のギア」!!)
雷音「じゃあ、もうこれが最後のピットだな。次の最終周回はもうボトルもらってる余裕ねェ!!」

ボトルを渡した鈴音は想いを込めて言います。
鈴音「信じてるから!!」

ボトルと想いを受け取って、雷音も力強い言葉を返します。
雷音「叶えてやる!!」

走り去っていく、雷音。
その後ろ姿に向かって鈴音が叫びます。
鈴音「カッコイイぞ、兄貴ぃーッ!!」

雷音「ハ!! オイッ。初めて素直な感想聞いたぜ!! 鈴音!! オイヤァァア!!」

ペダルを回す脚に力を込めて、雷音が走り去っていきます。

そんな雷音を見た観客は口々い言います。
「うわ、吉丸速やっ」
「周回遅れをパスしていく!!」

鈴音(いっけ兄貴!!)

小野田(すごい緊張感が伝わる!! ビリビリくる。さっき「最後のギア」って言ってた。たぶんそれはメカ的な意味のギアじゃなくて「身体」の「ギア」!! ロードレースと違ってMTBは競技時間が決まってるから、そういう力の配分みたいなのがコントロールし易いんだ。1時間30分の間に全開で走りながらも、どこか力を温存して走って、重要なところで身体の中の1番奥の、とっておいた力を出すんだ。それが「最後のギアを入れる」ってこと……!! ボクはそういうの上手くないけど、感覚的にはわかる)「始まってるんだ、もう………のこり1周半………緊張感が伝わる。手がふるえる。2人の闘いは__もう最終局面に入ってるんだ!!」

そんな小野田の言葉とともに、次に描かれるのは雉弓射です。

スピードをあげ、どんどん前を走る周回遅れの選手を抜かして行きます。

抜かされた選手は声をあげ、その様子を見ている観客も驚き叫びます。
「うあああ、雉弓射!!」
「あまりの加速に後ろに巨大な土煙が上がる!!」

抜かされた選手達は言います。
「バケモンだ………!!」
「あんな速さでMTBって走れるのか」
「あいつ……足にモーター入ってんじゃないのか」

土煙をまとって猛スピードで走る雉にとって、周回遅れの選手は眼中にありません。
彼が目指しているのは、その先、先頭を走る吉丸雷音です。

雉(追いつくヨン!! 吉丸雷音ェ!!)「周回遅れェ!! 悪いけど邪魔だヨン!!」
そう言いながら迫る雉ですが、追いつかれた選手は驚きと戸惑いで声をあげます。
「うわ」
「ひいっ」
「周回レースの周回遅れは、うしろに道をゆずるってルールだけど……あいつ速すぎてトリッキーすぎて、どこよけりゃいいのかわかんねェー!!」
抜かされた選手達が戸惑うのも無理はありません。
雉は大曲がりをすごい速度で曲がりながら、3人もの周回遅れの選手を抜き去って行ったのでした。

 

雉(必ず!! つかまえる!! ヨン!!)

雷音(絶対に!! 負けねーよ!! オイ!!)

強い意志をもってスピードを上げ走る二人。

カンカンカンと鐘の音がレース会場に響きます。
白熱するレースも最終周回、残り1周です!

『◎次号、白熱の巻頭カラー!!』という文字が綴られ、今週はおしまい。

 

いよいよ最終周回に入りましたね❗
私的には雷音に勝って欲しいなぁなんて。
その気持ちは変わらずです✊
ですが、雉が追い上げてトップを奪い返す展開は十分すぎるくらいありますので💦
この闘い、どうなるのでしょうか⁉
気になりますが、来週は週チャンがお休みなので、続きは2週間後になります。
2週間……ロード編の時はひたすら待ち遠しく、長い長い期間に感じたものです……
今はごめんなさい、先ずは今日の帰り道、買って帰ろうと思っている別冊少年チャンピオンの方に気持ちが移ってしまいます💦
だって今月の別冊少年チャンピオン、内容ももちろん超気になりますが、弱虫ペダルのカレンダーが付いているので。
早く眺めたいのです😆
東堂巻きちゃん手嶋青八木……私の推しを眺めたい💓
楽しみです~😍

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!