設定はいじっていないはずなのに、広告表示が増えてしまいました(>_<) 申し訳ありません、なるべく早めに修正致します!

今の子って運動苦手なの!?

  • 2019年10月21日
  • 日常
  • 6件

私は自他共に認める運動音痴です。
アメトーークの運動神経悪い芸人を見てて、分かる~!って思うほど💦
まぁ、全部が分かる~!なわけではありませんが。
主人「嘘でしょ!?」と驚かれる事もしばしばあるくらいは運動音痴です。
そんなですので、人生、体育で良い成績なんて修めた事はありません!
走ればビリですし、球技は顔でパス受けた事もありますし……
大人になってからは笑い話に出来ましたが、体育の授業がまだ義務だった頃。
本当に体育が大大大嫌いでした😣

そんな私が!
昨夜生れて初めて、体育の授業の事で自慢してしまいました😆✨
自慢した相手は自分の娘。
そして自慢した内容は「ママ、前回りできる~」です。

きっかけは部屋に落ちていた一枚の紙。
上の娘(小3)の体育の授業の進捗プリントです。写真は見づらいので書かせて頂くと、
『体育「てうぼう」』とあり、感想のところには、娘の字で、『がんばってだるまができるようになった。ちゃんといろいろな人がみててくれた。』と書かれています。
もっと習った漢字を使って書きなさい等々、注意した部分はあるのですが、まず私が娘に言ったのは、
「このだるまって、どんなやつなの?ブタの丸焼きのことだったりする?」です。
すると娘は「ブタの丸焼きとは全然違うよ!ブタの丸焼きより全然難しいから!」と言って、どんなものなのか、一生懸命説明してくれました。
そして娘は、「そうだ!裏に書いてあるよ!」と言うので、私は拾ったプリントの裏を見てみました。色々な技があるのがよくわかる👀
鉄棒と言えば、私はそれこそブタの丸焼きと前回りくらいしか出来ません。
当時、ブタの丸焼きなんて、技としてカウントしてもらえなかったので、私が出来たのは前回りのみです。
逆上がりはもちろん最後まで出来ませんでしたし、逆上がりの練習より“練習”そのものが大嫌いだったのが足掛け前転。
膝の裏が擦り剥けて痛くて、母にサポーターを買ってもらったのを思い出します。
回り方が悪いのか、当時の私がまん丸だった(体型が、です)せいか……サポーターをしていても擦り剥けたものです。
サポーターなしでは一回だって練習したくない。
そもそも出来るようになる気が全くしないのに、何故痛い思いをして鉄棒を回ろうとしなければならないのか意味不明で。
超ダメな子なのですが、先生が見にまわって来た時だけ練習するそぶりをしていたものです💦
無意味のない時間よ、さっさと終われ~って心の底から念じておりました😅

そんな風に、苦い思い出しかない鉄棒(に限らず体育全般)ですから。
体育系の話になると、娘にはよくこう言っています。
「あいちゃん(娘の事)は、パパの子でもあるから、大丈夫!やれば出来るから!でも、たとえ出来なくても(遅くても)気にする事ないわよ。そんなの大人になったら関係ないから!」と。

この鉄棒の話の時も、同じような調子で言いました。
「いや~ママは本当に鉄棒大嫌いだったなー!逆上がりなんて出来た事ないし!前回りしか出来なかったなぁ」
すると、娘が驚きの発言をしたのです!
「ママ良いじゃん、私なんて前回り出来ないもん」と。
私はそれを聞いて、思わず「ええええぇぇぇ!!!」と叫んでしまいました。
こんな私でも出来た前回りが、幼稚園児の時から出来ていた前回りが、出来ないなんて事があるのか!?って。
「はっはっは~!ママは超前回り出来るよ~!えっ!? あいちゃん出来ないの!? えっ!? このママでも出来るのに!? 」
なんて私が自慢すると、ものすごく悔しそうな娘は言いました。
「たっくん(クラスメイトで仲の良い男の子)だって出来ないよ!みかちゃん(学童の友達)だって前回り出来ないよ!」
娘は前回りが出来ない子の名前を次々とあげてきたのでした。
小学3年生で鉄棒の前回りが出来ない……
どうやら娘に限った事ではないようで……
それは私にとって衝撃的な事実です。
私も今の時代に生まれていたら……“超”運動音痴ではなく、普通の運動音痴くらいで済んでいたのでしょうか……
驚いていた私に、そばにいた主人が言ってきました。
「失礼なんだけどさ、ごめんね、失礼なんだけどさ、オレ逆上がり出来ない人って見たことないわ」って。
いやいやいや!いますよ!ここに!って感じで💦
私は「は~い!今あなたの目の前に居ますけど?」と言いながら手を挙げました。

私の周りにはけっこういます。
逆上がりが出来ないまま学生時代を終えた人。
類は友を呼ぶって事でしょうか。
以前新聞か何かで、年々逆上がりの出来ない子が増えているなんて記事も読みましたが……
何はともあれ、娘には前回りは出来るようになって、最低でも私のレベルは超えてもらいたいです。
この鉄棒の進捗プリント、娘曰く、出来るものには色を塗っていくそうで……
まだ3つしか塗れていない娘よ、頑張れ~!!

最新情報をチェックしよう!